MENU

交通事故について

交通事故では、2~3日してから何らかの症状が出ることがあります。
たとえ外傷が無くても、まずは警察に届けましょう。
整骨院の治療は、国でも認められており、できるだけ、事故にあった日に受診するようにしましょう。
そうする事により、一人一人の症状に合わせた、より的確な施術を可能にします。
また、交通事故の治療に対しては、料金の負担がない
自賠責保険という保険で施術できますので、安心して通院していただけます。

1.警察へ届ける

外傷の有無に関わらず、まずは警察に届けましょう。

2.病院で検査を受ける

精密検査・画像診断を病院で受け、診断書をもらいましょう。
事故後、直接当院に来られた場合、当院が紹介する病院にて検査を受けていただく場合もあります。

3.診断書を警察へ提出

管轄の警察署へ、病院からの診断書を届けましょう。
人身事故扱いになります。

4.保険会社へ連絡

「あゆみ整骨院で治療を受けたい」という事を、担当する保険会社へお伝えください。
その際、治療依頼の連絡を、保険会社からあゆみ整骨院へ入れてもらうよう、お伝えください。

5.整骨院へ来院

あゆみ整骨院へ、病院の診断書をお持ちください。
診断書に基づいた治療計画を、詳しくご説明致します。

6.治療の開始

一人一人の症状に合わせた治療を、1ヶ月ごとに保険会社へ経過を報告しながら、行っていきます。

7.治癒

保険会社から送られてくる書類の手続きを進めてください。

交通事故の症状

■ むち打ち症
追突事故などの際に、首や背中に衝撃がかかり、ムチのように首がしなることから生じる症状です。
正式には「外傷性頚部症候群」・「頚部捻挫」といい、度合いにより、後遺症が残るものから、非常に軽いものまで様々です。
■ 頚椎捻挫型
「首・肩・背中」に痛みや運動制限が起きる。首の筋肉や靭帯などの損傷により起こる症状です。
■ 神経根症状型
頭痛や首の痛み、筋力低下、腕のしびれやだるさ等、頚椎から出る神経が圧迫される事により起こる症状です。
■ バレ・リュウ症候群型
頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼の疲労等、後部交感神経の損傷や圧迫によって頭にいく血流の低下により起こる症状です。

交通事故Q&A

今、交通事故の治療で他の病院に通っているのですが、転院はできますか?

大丈夫です、転院できます。
通う所は基本的に患者さん自身が決めることができます。まずはお気軽にご相談下さい。

治療費はかかりますか?

交通事故の場合は自賠責保険という保険を使いますので、基本的には患者さんの費用負担はありません。安心して通って頂けます。

通える時間が不規則なのですが、治療してもらえますか?

お電話にて予約して頂ければ、遅い時間でも通院可能です。まずは一度ご相談下さい。

どんな治療をするのですか?

事故の発生時期、怪我の程度を考慮し、要望をできる限り取り入れながら治療していきます。
直接、患部に負担のかからない軽度の柔道整復術や、微弱な電気療法等、体に刺激の少ないものから始め、徐々にリハビリなど交えていき、早期の回復を目指します。

わずかな痛みで違和感がある程度なのですが、一度診てもらったほうがいいですか?

事故後大したことはないと思っても、2~3週間して落ち着いてくると痛みが強く出てきたり様々な症状が出てくる場合がありますので、早期の治療をおすすめします。

通院によって慰謝料が支払われるって本当ですか?

支払われます。精神的に被った苦痛・損害を、金銭に替えて賠償するのが慰謝料です。
精神的な苦痛・損害は人により違いがあり計る事ができない為、実際に治療に通った日数をもとに算出されます。(自賠責基準では、一日4200円です。)

治療期間はどれくらいかかるのですか?

治療期間はおよそ1~3ヶ月は必要と思われます。
ケガの程度によって治り方も様々ですが、患者さんに合わせた治療を心がけ、早期に快方へ向かうよう全力でサポートさせて頂きます。

労災保険適用

労働者災害補償保険法により、労働者の業務上のケガに対して保障を行う制度で、勤務中や通勤途中で起こったケガに対して労働保険が適応されます。仕事に支障を来たすケガであれば、大した事は無いと思っても、会社への労災申請をおすすめします。
その際注意する点として、受傷後の経過日数によっては、労災が認められなくなるという点です。
ケガをした場合は、早めの労災申請をおすすめします。

また、整骨院は、労働基準監督署より認められている指定機関なので、治療費の負担なく治療を受ける事ができ、安心して通院して頂けます。労災に関して何か質問等御座いましたら、お気軽にご相談ください。